サイト内の現在位置

入退室管理に顔認証が選ばれる理由

入退室管理に顔認証が
選ばれる理由

顔認証はなりすましが困難なためセキュアであり、紛失や盗難に
よるセキュリティリスクを削減し、再発行の手間をなくすことに
より業務効率化にも有効です。スムーズな入退室とその管理を
実現でき、利用者・管理者ともに利便性が高く評価されています。

  • トップ>
  • 入退室管理に顔認証が選ばれる理由

入退室管理に顔認証をおすすめする理由

NECソリューションイノベータはオフィスをはじめとした施設の厳正な入退室管理に顔認証をおすすめします

顔認証はデータベースに保存されている本人画像と、カメラなどで撮影した対象者の顔画像を照合し、認証します。なりすましが困難なためセキュアであり、物理的な鍵やICカードを持つことや、パスワードの設定が不要になります。紛失や盗難によるセキュリティリスクを削減し、再発行の手間をなくすことにより業務効率化にも有効です。また、非接触であり、指をかざす等の操作が不要なため、入退室管理における感染症対策としても活用することができます。

入退室管理システム導入の様々な課題

既存の入退室管理システムの入れ替えを検討中…

  • 既存システムのセキュリティに課題を感じている
    • 社員のICカード忘れや紛失のリスク、またその対応にかかる手間
    • 社員間のICカード貸し借り、外部者へ貸すことへのリスク
  • 感染症対策の検温とその記録に手間がかかっている

新規に入退室管理システムの導入を検討中…

  • 管理者の利便性が高い入退室管理システムを導入したい
  • 従業員(利用者)の利便性が高い入退室管理システムを導入したい
  • セキュリティが高い入退室管理システムを導入したい

顔認証入退室管理システムの導入効果

セキュリティ強度が高い

  • 入室資格がない人がICカードの貸し借りや共連れなどで入室することを防げる
  • ICカードの紛失のセキュリティリスクを防げる
  • カメラでの認証や、照合時の情報が「顔画像ログ」として残ることが高い不正抑止効果がある

入退室の記録を管理しやすい

  • 入退室の記録が顔画像ログとして残るため、管理者が目視確認できる

※カードや指紋認証、静脈認証などでは誰なのか管理者側がひとめで判断しにくい

感染症対策になる(衛生的)

  • タッチレスで衛生的である
  • サーマルカメラで顔認証すると同時に体の表面温度を測定し登録ができ、
    認証者が発熱していた場合ドアが開閉しないようにできる
  • 入退室時間・滞在時間を記録することで感染者が発生した場合の経路が辿りやすくなる

管理者の利便性が高い

  • ICカード忘れの対応が必要なくなる
  • 一度登録すれば、経年変化に対応し運用開始後の顔登録作業を自動化できる(NeoFace KAOATOの機能)
  • 障害発生中でも基本的な認証機能を継続利用できる(NeoFace KAOATOの機能)

利用者の利便性が高い

  • ICカードを持ち歩く必要性・紛失の可能性がなくなり、忘れたときの手続きが必要ない
  • 顔をかざすだけで入室ができる(荷物を持ったままのウォークスルー認証)

認証方式の種類と顔認証の位置づけ

暗証番号式のドアの例

認証方式の種類について

本人確認の認証方式は「知識認証」「所有物認証」「生体認証」の3つの方式にわけられます。

知識認証

パスワードや暗証番号などの特定の数字の組み合わせや文字列を知っている人物を唯一の本人として認証する方式です。携帯の必要がないため、紛失の心配はありませんが、忘れてしまったり、他人に推測されるなどのリスクがあります。
また、近年は入力の際に大文字と小文字、数字、特殊記号を組み合わせて10文字以上にすることが求められるなど、利便性の面で複雑になりつつあります。このようなパスワードは記憶することも困難なので、メモをすることによってパスワードが盗まれるなどの新たなリスクを生じます。

所有物認証

一般的なドアの鍵やカードキー、社員証、会員証、身分証明書やICカードなどの所有物を唯一の本人とする認証方式です。所有物認証のデメリットは、本人を証明するための所有物を忘れたり、紛失、なりすまし、盗難などのリスクがあることです。

空港の搭乗口に設置された顔認証ゲート

生体認証

「生体認証」は「知識認証」「所有物認証」のデメリットを克服し、利便性と安全性の両立を目指しています。本人確認に鍵や社員証を持つ必要はなく、パスワードを記憶しておく必要もありません。生体認証は一人ひとりの固有の身体的な特徴を”鍵”として利用するため、なりすましや偽造が難しく、確実なセキュリティが求められる場面で行われる本人確認に適しています。
このように、安全性と利便性を追求できる技術が生体認証であり、「顔認証」はその両面で優れているといえます。指紋認証、掌紋認証、静脈認証、声紋認証、虹彩認証などの生体認証と比較して、特別なデバイスを必要とせず、汎用小型カメラでも認証可能です。また、立ち止まらずに通り抜けるだけで本人確認ができるウォークスルー型や、短時間で多くの人々を処理する必要がある施設の入場ゲートでの利用も期待されています。そして、新型コロナウィルスの感染防止対策としての非接触・非対面へのニーズにも合致しています。

認証方式の種類

生体認証における各技術の位置付け

図「生体認証における各技術の位置付け」に見られるように、顔認証は利便性が非常に高い認証方式です。また、深層学習の進展により顔認証の精度は大幅に向上しました。このように、顔認証は利便性と高い認証精度の両方を兼ね備えた方式であるといえます。

NeoFace KAOATOが選ばれる理由

どうして「NeoFace KAOATO」が選ばれているの?

豊富な実績を基に作られたお客様ニーズにマッチした機能と高精度な顔認証で「使いやすさ」「信頼感の高さ」を実現

特長 説明 提供価値
高い精度を誇る
顔認証技術
  • 米国国立標準技術研究所(NIST)による顔認証技術の性能評価で6回目の第1位を獲得
  • マスク装着時の認証に対応
  • 高速・高精度な認証で快適な運用を実現
  • 新しい生活様式の中でも利便性向上
豊富な
導入実績
  • 国内外1,500以上のシステムでの運用実績
  • 環境・運用整備ノウハウを蓄積
  • 導入後の点検サービスもご用意
  • 短期間で信頼性の高いシステムを導入
  • 懸念・検討事項もノウハウで解消
  • 運用中のお困りごとも解消・品質向上
システム
拡張性
  • 最小限のコストでスモールスタート
  • 業務システム等、周辺システムと連携
  • サーマルカメラとの連携も可能
  • 豊富な連携インターフェースを搭載
  • 初期コストを最適化
  • 既存システムの有効活用
  • 感染症対策にも貢献
  • 個別ニーズの実現に幅広く対応
運用に便利な
機能
  • 運用に便利なさまざまな認証、通知、登録者管理、ログ管理機能を搭載
  • お客様の運用フローに柔軟に対応

NeoFace KAOATO バリュー

1ネットワーク障害時でも基本的な認証機能を継続利用が可能。
データベース障害時の縮退運用を搭載。

  • 監視/入退室ともに縮退運転可能
  • データベースアクセスを前提とした機能は制限
  • データベースとの接続不可時でも、顔認証は可能
  • データベース接続復旧時に、認証結果のログはデータベースに一括記録
  • クラウド環境でのエッジでの顔認証端末配置を推奨

※縮退運用、縮退運転:システムにおける通常使用する方式や系統が正常に機能しないときに、機能や性能を制限したり、別の方式や系統に切り替えて、システムが使用可能な状態を維持すること。

2運用開始後の顔登録作業を自動化。
スコア基準による追加登録を行うことで経年変化に対応。

  • 登録者ひとりにおける追加登録は上限があり、登録者の古い顔情報から自動で削除
  • 手動で登録した顔情報は自動削除されない

3数多くの導入実績から得られた知見をKAOATO機能に追加・凝縮

お役立ち資料

「New Normal 時代を見据えて、総務・管理部門が本当に取り組むべき感染症対策とは?」「2020年調査版企業の新型コロナウイルス感染症対策調査レポート」をはじめ、お役立ち資料をダウンロードいただけます。

お問い合わせ・ダウンロード