ページの先頭です。
ここから本文です。
2021年版 物流システムリサーチ結果【抜粋版】

流通・物流・卸売業向けソリューション / ホワイトペーパー2021年版
物流システムリサーチ結果【抜粋版】

荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
リサーチ結果をダウンロードできます。

物流や配送、物流システム(TMS・WMS・在庫補充)に関する
リサーチ結果(2021年)

物流や配送、物流システムに関する企業の取り組み状況を把握するために実施

現在、物流に携わっている各企業のご担当者の方に対して行ったリサーチ結果です。

  • 配車・配送計画業務や、物流システム(TMS/WMS)の機能の重視点や選定時の重視ポイント、投資金額。
  • 在庫補充・発注、在庫補充システムの重視点、出荷作業の課題や梱包計算システムへの投資金額。
  • IoTやAI、画像認識技術などを活用した物流改革への期待やコロナ禍、コロナ後の物流対策。 など

物流に関するリサーチ結果としてダウンロードいただけます。

調査概要

2021年2月に、現在、勤務先で物流に携わっている300人を対象に調査を行い、集計結果をPDFにしました。

  • 表紙イメージ

  • ページイメージ

リサーチ項目/結果(抜粋)調査概要

輸配送管理システム(TMS)の機能の重要性

  • 輸配送管理システム(TMS)の機能の重要性をみると、「AIやビッグデータ活用による配車計画の最適化」「倉庫・在庫管理システム(WMS)との連携」が1位、2位を占めました。次いで、「積付計画」「リアルタイム配送進捗管理」が続きました。
  • 他の項目に比べ重要性が低かった機能は、「配送先への到着予定時間のプッシュ通知」「配送先情報見える化(右折入店禁止、駐車場有無など)」などでした。

コロナ禍が業績に与える影響

  • コロナ過が業績に与える影響は、現状で「悪化している」が約43%と最も高くなっていますが、「コロナ前と変わらない」も40%を占めており、ほぼ同様の割合となっています。今後(1年後を目安)では、「好転している」が32%と倍近く増加し「悪化している」を上回っています。
  • 従業員規模別では、従業員数1000~4999人で現状「悪化している」の割合が約26%と最も低くなっており、今後(1年後を目安)では「好転している」割合が約47%と半数近くを占めており、明るい見通しを持っていることがうかがえます。

(この続きはリサーチ結果をダウンロードしてご覧ください。)

物流や配送、物流システム(TMS/WMS)に関する
リサーチ結果(2021年)【抜粋版】・ダウンロード

物流や配送、物流システム(TMS/WMS)に関するリサーチ結果(2021年)【抜粋版】

リサーチ結果
ダウンロード

概要
フォーマット PDF(A4)
ページ数 31ページ
掲載内容 調査レポート
  • 箱詰め計算エンジン

    メーカーや通販等における出荷時の梱包改善・配送コスト低減を目指すシステム。
    注文に対する最小の梱包用段ボールを限られた時間内に一括計算します。
    ※本エンジン単体での導入や、既存 ECシステム等との連携も可能です。

  • 流通ソリューションの導入・ご相談がありましたら、
    お気軽にお問い合わせください。