ページの先頭です。
ここから本文です。

輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIX
トラック予約受付
バース予約サービス(クラウド)

「トラックの待機時間を短縮したい」「バース誘導を効率化したい」
「入退館の受付業務を省力化したい」といったニーズにお応えします。

トラック予約受付 バース予約
(クラウド)・製品紹介

改正物流効率化法に対応

平成29年7月1日に貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正され、トラックドライバーの荷待ち時間の記録が
義務付けられました。ドライバーの長時間労働を是正することを目的としており、着荷/集荷先へ到着
しても、空きバースがないことによる荷待ち時間の削減は急務です。
また、トラックの路上待機による事故の危険性や騒音問題、
CO2排出など、近隣や環境への配慮も同時に考えなければいけません。

本サービスは物流センターへの入場を事前予約する事により「トラックの待機時間を短縮したい」
「バース誘導を効率化したい」「入退館の受付業務を省力化したい」といったニーズにお応えします。
ドライバーからの入場予約後、物流センター担当者がバース誘導を行いバースでの混雑を解消します。

トラック予約受付 バース予約
/利用イメージ

ドライバーのモバイル端末もしくは運行管理者のPCから物流センター到着の事前予約を行います。
物流センター管理者はドライバーからの予約情報とバース運用状況を加味してバースの割り当てを行います。

※ドライバーからの到着時刻予約を受けなくても、物流センター管理者がバースの割り当てを行うこともできます。

トラック予約受付 バース予約
/予約状況・利用ステータス確認

物流センター側はバースの予約状況や利用状況を確認できます。
それにより計画的なバース割当を行い、ドライバーの待機時間を短縮できます。

トラック予約受付 バース予約
/スマホを利用した予約登録・
予約確定通知

ドライバーのモバイル端末からバース予約することにより作業負担を軽減します。

トラック予約受付 バース予約
/利用可能なモバイル端末

ドライバーのモバイル端末には、スマホ(Android, iOS)以外(フィーチャーフォン)にも対応可能です。
PCはブラウザ、スマホはアプリ、フィーチャーフォンはWeb専用ブラウザからバース予約が可能です。

  • バース予約画面

  • 導入事例

    「配送とコストの『見える化』事例」「車両台数5%削減事例」「年間約4000万円の
    コスト削減事例」など多数の事例をご紹介。
    輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIXの導入で、車両台数の削減、積載率・回転率向上、
    配車業務の属人化、問い合わせへの即答――などの課題にきめ細かく対応

  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・お問い合わせ

    輸配送管理システム ULTRAFIX導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・資料ダウンロード

    カタログや導入事例集、業務改善ポイントなどの
    関連資料をダウンロードいただけます

  • 2023年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。