ページの先頭です。
ここから本文です。

輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIX・動態/進捗管理システム
輸配送進捗管理サービス(クラウド)

トラック出発後から配送完了までのモノの流れや
配送進捗状況の「見える化」を支援いたします。

動態/進捗管理システム
輸配送進捗管理サービス(クラウド)・製品紹介

本サービスは、輸配送中のトラックの動きを把握することにより、「顧客サービスの一層の向上を図りたい」、「PDCAサイクルの実現でトータル物流コスト削減を更に進めたい」といったニーズにお応えします。計画業務からドライバーによる実行系業務までリアルタイムに管理でき、輸配送に関わる業務のトータルソリューションを実現します。

※ULTRAFIX(配送計画支援システム)未導入の場合は配送予定をCSVで作成して頂くことで、本サービス単独利用も可能です。 また、配送予定がない場合でも配送実績をリアルタイムに登録する運用も可能です。

輸配送進捗管理サービス
/サービスの全体イメージ

位置情報、配送進捗、配送状態を可視化します。
スマホを採用することで、ハンディなどの専用機と異なり、多目的に利用可能です。

輸配送進捗管理サービス
/お客様サービスの向上

荷主や届け先からの問合せに対して、配送管理センターのPC画面を見て回答できますので、
もう、ドライバーへ確認する必要はありません。

輸配送進捗管理サービス
/トータル物流コストの削減

出荷から配送完了までの一連の輸配送業務や物の流れを「見える化」し、
PDCAサイクルを実行することによって、トータル物流コストを削減に貢献します。

  • 配送完了通知
  • 位置個別検索
  • グループ検索
  • 簡易日報
  • メッセージ送受信
  • 履歴分析/CSV出力

輸配送進捗管理サービス
/バース予約機能

ドライバーのモバイル端末と運行管理者のPCを利用してバース予約が可能です。
物流センター側は車両の到着する時間を把握できるので、計画的なバース割当を実現します。
これにより、ドライバーの“荷待ち時間を短縮”できます。

輸配送進捗管理サービス
/スピード展開と低コスト

クラウドサービスですので、初期投資が少なく、スピード展開が可能です。
10台構成から数千台まで規模に合わせて構成がお選び頂けます。

輸配送進捗管理サービス
/ドライバー端末

ドライバー端末には、スマホ(Android)を採用。スマホのカメラを利用したバーコード認識による検品で誤配送を防止します。
・検品は携帯端末のカメラを利用したバーコード認識
・GPS位置情報をタイマー送信

  • 距離メータ入力画面

  • 配送先一覧画面

  • 状態入力画面

  • 納品一覧画面

  • バーコード検品画面

  • 作業中画面

  • バース予約画面

輸配送進捗管理
サービス/動作環境

  • 管理PC OSWindows7,10
  • (ブラウザ)Microsoft InternetExplorer11
  • 携帯端末 OSAndroid6〜9,iOS9〜11 *1

*1Apple社のApple Developer Enterprise Programへ登録が必要となります

  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・お問い合わせ

    輸配送管理システム ULTRAFIX導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 卸・物流ソリューション
    資料ダウンロード

    卸・物流ソリューションの関連資料を
    ダウンロードいただけます

  • 2020年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。