小売業向けPOSシステム・POSの導入メリットリピート顧客を創出

POSシステムの顧客管理は、購買履歴管理、
DM発行、ポイント管理などの機能を搭載しています。
お客さまへの細やかなサポートやサービスの実施により、
リピート顧客の創出に貢献します。

小売業向けPOSの導入メリット・リピート顧客を創出

購買履歴の管理  >

お客さまの購買状況を把握することにより、きめ細やかなサポートやサービスを実施。

DM発行・ポイント管理  >

POSシステムの顧客管理機能の利用による、効果的なDM発行・ポイント管理。

RFM分析  >

RFM分析で顧客をセグメンテーションし、優良顧客になる可能性がある顧客へのプロモーション。

購買履歴の管理
「お客さまの購買状況を把握することにより、きめ細やかなサポートやサービスを実施」

POSシステムでは、お客さまのお買い上げ日や商品名、金額など詳細な購買履歴データをお客さま別、商品別といった切り口で照会が可能です。お客さまの購買状況を把握することにより、きめ細やかなサポートやサービスの実施が可能になります。

DM発行・ポイント管理
「POSシステムの顧客管理機能の利用による、効果的なDM発行・ポイント管理」

POSシステムの顧客管理機能では、登録されたお客さまの情報を確認することができ、顧客分析はもちろん、最終利用日から一定の期間が空いたお客様にDM発行などをすることで、販売促進に活用できます。

また、ポイントカードを発行することで、顧客の囲い込みや、来店促進、客単価アップ、競合店との差別化などに効果を発揮します。

RFM分析
「RFM分析で顧客をセグメンテーションし、優良顧客になる可能性がある顧客へのプロモーション」

RFM分析は、顧客のセグメンテーション方法として有効な手法です。
R(Recency:最新購買日)、F(Frequency:累計購買回数)、M(Monetary:累計購買金額)の3つの指標で、顧客をスコアリングし優良顧客を判定するのに用います。優良顧客や優良顧客になる可能性がある顧客をターゲットとして、それぞれに合ったプロモーションをしていくことで、顧客維持と売上UPを期待できます。

RFM分析

  • R(Recency:最新購買日)いつ買ったか、最近購入しているか
  • F(Frequency:累計購買回数)どのくらいの頻度で買っているか
  • M(Monetary:累計購買金額)いくら使っているか

RFM分析で最も重要なのはR(Recency:最新購買日)です。F(Frequency:累計購買回数)やM(Monetary:累計購買金額)が高くても最近購買実績がない顧客は既に他店に奪われてしまっている可能性が高いと考えられるからです。R(Recency:最新購買日)の動きが各顧客の動向を把握する上で非常に重要なので、Rのランクが下がり始めた顧客に対して、アプローチを行えば顧客離れを防ぐことができ、店舗の活性に役立てることができます。※RFM分析などの分析ソリューションは、お客様のご要件に合わせ、最適なソリューションをご提供させていただきます。

小売業向けPOSシステム・POSの導入メリット

POSシステムは店舗の売上管理、在庫管理、顧客管理をおこなうことができます。
また、集計したデータをさまざまな分析に活用し、情報の可視化により、適切な経営判断を支援します。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「PC-POS MATE」

小売業向けPOSソリューション「PC-POS MATE」は、
店舗運用に必要な機能をワンパッケージでご提供します。
クーポン発行による値引・割引や、ポイント管理機能、DM発行
機能など、小売店の集客のための充実した機能を搭載しています。