BOPISの導入事例12選|BOPISの概要や導入のメリットとともに解説

小売業向けPOSシステム・トピックスBOPISの導入事例12選|
BOPISの概要や導入のメリットとともに解説

BOPISは消費者と事業者の両方にとってメリットがあるため、注目度が高まっています。実際にBOPISを導入している企業も増加中です。
この記事では、BOPISを導入しようと検討している企業に向けて、BOPISの導入事例を紹介します。BOPISの特徴やメリットについても触れるため、ぜひ参考にしてください。

そもそもBOPISとは?

BOPISの意味

BOPISとは、オンラインで購入した商品を実店舗で受け取れるようにする仕組みです。「Buy Online Pick-up In Store」の頭文字をとり、「BOPIS」と表現されています。

BOPISはECサイトと実店舗を組みあわせたサービスであり、後述しますがさまざまなメリットがあります。近年世界中で注目されており、たくさんの企業がBOPISの導入を始めているのです。

BOPISの概要については、こちらの記事でもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
BOPISとは?導入が進む店舗受取サービスの事業者側・消費者側のメリットや導入事例を解説

BOPISのニーズが高まっている背景

競合との差別化につながる

現代では生活スタイルが多様化しており、ECサイトで注文した商品を自分の好きなタイミングで受け取りたいと感じている人も増えています。BOPISの場合、実店舗の営業時間内であればいつでも商品の受け取りが可能です。

また、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、感染対策のために実店舗ではなくECサイトで買い物をする人が多くなりました。さまざまな人のニーズに対応するため、商品の受け渡しの方法のバリエーションも増えています。

消費者にとってのBOPISのメリット

BOPISを導入すれば、消費者にさまざまなメリットを感じてもらえます。ここでは、消費者にとってのBOPISのメリットを解説します。

効率的に欲しい商品を選べる

実店舗で消費者が欲しい商品を見つけ出すためには、多くの手間や時間がかかります。しかし、ECサイト上で欲しい商品を検索すれば、すぐに目当ての商品を見つけて注文できます。BOPISを導入していると、消費者の買い物にかかる手間や時間の大幅な削減が可能です。

また、実店舗に行く前に欲しい商品を確保できるため、売り切れの心配もありません。

送料を節約できる

BOPISでは消費者が自分で商品を受け取りに行くため、ECサイト上で注文しても送料は発生しません。ECサイトで低価格の商品を購入したい場合でも、BOPISなら送料をかけずに商品を手に入れられます。

時間を気にせずに購入できる

実店舗で欲しい商品を探すためには営業時間に注意し、余裕をもって到着する必要があります。また、ECサイトで購入した商品を配送で受け取るためには、指定の日時に自宅で待機しなければなりません。

しかし、BOPISなら、商品を受け取るタイミングを自由に決められます。いつでも受け取りが可能なため、無理に予定を空ける必要はありません。

BOPISの利用状況や今後の利用意向については、Webアンケートの調査結果をレポートにまとめております。ぜひご覧ください。
BOPIS利用状況と非利用者の消費特徴・調査レポート|BOPIS利用の理由は「買うものがきまっている」がトップ

事業者にとってのBOPISのメリット

BOPISは事業者にとってもメリットがあるサービスです。ここでは、事業者側のメリットについて、具体的に解説します。

顧客の購買意欲を高められる

顧客はオンラインで注文した商品を受け取るために、必ず実店舗に足を運びます。実店舗にはさまざまな商品が陳列してあるため、衝動買いやついで買いも期待できます。店舗スタッフの接客により、陳列された商品の追加購入を促すことも可能です。このようにBOPISを導入することで、注文販売以外からの売上アップも狙えます。

他社との差別化になる

BOPISは注目されつつありますが、実際に導入している企業はまだ多くはありません。早い段階でBOPISを導入すれば、差別化が可能です。他社と同じ商品を販売していても、BOPISを利用できるという理由で消費者から選ばれやすくなります。

顧客からの満足度を高められる

すでに解説したとおり、BOPISを導入すると「効率的に商品を選べる」「送料を節約できる」などの顧客側のメリットがいくつもあります。メリットを享受できれば顧客満足度も高まりやすいため、自社のECサイトや実店舗を再び利用するリピーターの獲得にもつながる可能性があります。

BOPISを導入するには何が必要か?

BOPIS導入のために必要なこと

BOPISのサービスを導入する場合、ECサイトと実店舗の2つのチャネルを用意する必要があります。また、注文データをスムーズに確認し、商品を素早くピックアップできる体制を整えなければなりません。さらに、ECサイトと実店舗の連携が重要になるため、それぞれの在庫のデータをまとめて管理できるシステムも必要です。

BOPISを導入した企業の事例(日本)

日本においても、さまざまな企業がBOPISを導入しています。ここでは、BOPISを導入している日本企業の事例を紹介します。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラは、ECサイトから実店舗の在庫状況を確認できるようにしています。在庫がある場合、ECサイトで注文してから30分以内で実店舗での受け取りが可能です。受け取りを希望する店舗に在庫がなくても、取り寄せできます。一部の店舗には専用の窓口が設けられており、24時間いつでも商品を受け取れるようにしています。

ワークマン

ワークマンでは早い段階からBOPISを導入し、ECサイトで購入した商品を実店舗で受け取れるようにしていました。また、ECサイトの商品だけでなく、実店舗に在庫がある商品もオンラインで注文できるようにし、店舗受け取りに対応しています。在庫がない場合は取り寄せができるため、欲しい商品を着実に購入しやすいです。

ニトリ

ニトリでは、ECサイトから注文した商品の店舗受取りに対応しています。来店予定の店舗に在庫があれば、翌日には商品を受け取れます。また、14時までに注文すると、最短で当日の受け取りが可能です。ニトリは全国各地に店舗を構えていますが、基本的にすべての店舗で同様のサービスを利用できます。

スシロー

スシローでは、オンラインで商品を注文して指定の日時以降に店舗へ行くと、スマートロッカーで商品を受け取れるサービスを提供しています。決済も事前に済ませられるため、顧客と店員は接触せずに商品をやり取りできます。従来は待ち時間が発生していましたが、この仕組みによりスピーディに商品を受け渡せるようになりました。

無印良品

無印良品でも、ECサイトから注文した商品を実店舗で受け取れるサービスを導入しています。無印良品のBOPISの特徴は、受け取る前に商品の状態の確認や試着ができる点です。これは、ECサイトで商品を購入すると返品に手間がかかるというデメリットをカバーするために役立ちます。返品を希望する場合は、その場で対応してもらえます。

カインズ

カインズでは、商品の取り置きのための専用のサービスを提供しています。アプリから欲しい商品を選んで注文すると、カインズの店舗に設置されている専用のロッカーで受け取れる仕組みです。最短で当日中の受け取りに対応しています。商品の受け取りが可能になるとアプリに通知がくるため、受け取りを忘れる心配もありません。

東急ハンズ

東急ハンズでは、実店舗の商品の取り置きや取り寄せができるサービスを提供しています。商品の注文は、オンラインから24時間いつでも可能です。従来も似たサービスがありましたが、注文から受け取りまでにかかる時間が大幅に短縮されました。現在では、注文から最短1時間で商品を受け取れます。

イオンリテール

イオンリテールは、イオングループのスーパーマーケット事業を担っています。ネットスーパーで注文した商品を実店舗で受け取れるサービスを始めました。混んでいるレジに並んで買い物をする必要がないため、スピーディに商品を手に入れられます。車に乗ったまま商品を受け取れるサービスもあります。通常のネットスーパーとは違い、送料もかかりません。

BOPISを導入した企業の事例(海外)

海外の企業のなかにも、BOPISを導入している企業はたくさんあります。ここでは、海外企業のBOPISの事例について紹介します。

スターバックス

スターバックスではオンラインで商品の注文と決済ができるようにし、長い列に並ばなくてもスムーズに商品を受け取れる仕組みを作りました。顧客の待ち時間が減っただけでなく、利便性が向上したおかげで売上向上にもつながっています。カスタマイズの注文方法もわかりやすく改善した結果、より多くの人に利用されるようになりました。

ウォルマート

アメリカでスーパーマーケットを展開するウォルマートは、ECストアから注文された商品を店舗内や駐車場で受け取れるサービスを実施しています。商品のピッキングにはロボットを活用し、商品の受け取り用のロッカーも設置しています。効率的にBOPISのサービスを提供できるよう、環境整備に力を入れている点が大きな特徴です。

ホームデポ

ホームデポは、幅広い商品を取り扱っているホームセンターです。ECサイトの売上が高く、そのうちの半数近くはBOPISによるものです。商品の受け渡しは専用のロッカーで行います。カスタマーサービスにも力を入れており、顧客がスムーズに目当ての商品を受け取れるように配慮しています。

ナイキ

ナイキはECサイトにBOPISを導入し、人気商品をスムーズに購入できるようにしました。人気の高いシューズもスムーズに購入手続きができるため、多くの顧客が利用しています。BOPISにより購入された商品は、店内に設置してあるロッカーを通して受け渡しが行われています。

まとめ

NeoSarf/POS

BOPISに対する注目度が高まっており、多くの企業がサービスを導入しています。BOPISにはさまざまなメリットがあるため、きちんと環境を整えて導入すればたくさんの顧客に利用されるでしょう。

NECソリューションイノベータのPOSソリューション「NeoSarf/POS」では、店舗の運用に必要な機能をパッケージ化して提供しています。NEC製以外の他社POS専用機でも利用できるため、実店舗の体制を強化するためにぜひ活用してください。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー・Retail Innovations

小売業を取り巻く社会環境・業界トレンドや調査データをまとめた
レポートなど、各種お役立ち資料をダウンロードいただけます。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をパッケージでご提供します。特にPOSレジシステムはNEC製POS専用機以外にも他社POS専用機・PC・タブレットにも対応。これにより、M&Aなどによる統合・合併時、ハードウェア老朽化時でも一つのPOSソフトウェアで管理が可能になるため、IT資産管理業務の効率化を支援します。