キャッシュレス決済のメリットとは?決済の方法やデメリット、導入方法を解説!

小売業向けPOSシステム・トピックスキャッシュレス決済のメリットとは?
決済の方法やデメリット、導入方法を解説!

キャッシュレス決済は非常に便利なため、最近では利用する人も多くなってきています。この記事では、キャッシュレス決済の導入を検討している企業の担当者向けに、キャッシュレス決済のメリットやデメリット、導入方法について解説します。キャッシュレス決済導入の参考にしてください。

  • トップ>
  • トピックス>
  • キャッシュレス決済のメリットとは?決済の方法やデメリット、導入方法を解説!

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、現金を持たずにカードやスマートフォンで会計を済ませる方法です。代表的なキャッシュレス決済方法にはクレジットカードがあります。その他、ICカードやスマートフォンアプリなど、現在ではさまざまなキャッシュレス決済方法が導入されています。

クレジットカードは以前からありましたが、カードの作成に審査があったため、持てる人が限定されていました。しかし、クレジットカードを持てない人でも、事前にチャージした金額分であれば、スマートフォンアプリに表示されるQRコードを介して決済できる方法などが登場したことから、キャッシュレス決済は急速に普及しました。

キャッシュレス決済の種類やメリット、デメリットについて、こちらのコラムでも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。
キャッシュレス決済とは?導入するメリット・デメリットから支払い方法、種類まで解説!

キャッシュレス決済の3つの方法

ここからはキャッシュレス決済の3つの方法を紹介します。

前払い

前払いとは事前にICカードにお金をチャージしたり、プリペイドカードを購入する形式です。審査などもないことがほとんどで、もっとも取り入れやすいキャッシュレス決済方法といえるでしょう。特にプリペイドカードは年齢制限もなく、だれでも保有できます。

即時払い

即時払いとは、会計と同時に口座から料金が引き落とされる決済方法です。主にデビットカードに代表されるキャッシュレス決済方法です。デビットカードは銀行口座があれば作ることができるため、審査もありません。そのため、クレジットカードに抵抗がある人向きの支払い方法といえます。ただし、銀行口座に残高がないと使えないことに注意が必要です。

後払い

後払い方式とはクレジットカードに代表される決済方法です。決められた期日に使った金額が引き落とされたり、請求されたりします。期日までに使った金額が口座にあればいいため、給与日にあわせて使うこともできます。ただし、後払いのためつい使いすぎてしまうケースも多く、注意が必要な形式でもあります。

キャッシュレス決済導入による事業者のメリット

ここからは、キャッシュレス決済のデメリットをそれぞれ解説します。

生産性向上につながる

キャッシュレス決済を導入することで、消費者が現金を扱わずに会計を行えるため、事業者にとっておつりを渡す手間などが省けます。また、支払いの際におつり渡しのミスも減ります。現金の受け渡しは、ミスが発生しやすくトラブルも起きやすいため、これらを回避できることは大きなメリットでしょう。

衛生管理の向上につながる

キャッシュレス決済を導入することで、衛生管理の向上につながります。小銭やお札は不特定多数の人が触れるため、どうしても衛生上に問題があります。その点、キャッシュレス決済はお金を直接扱ってやり取りをしないため、新型コロナウイルス感染症対策による衛生管理もできるでしょう。さらに飲食店では食中毒などのリスク回避にもつながります。

防犯対策になる

キャッシュレス決済は、防犯対策にもなります。その理由は店舗に必要以上に現金をおかなくてもいいからです。キャッシュレス決済が浸透すると、強盗、盗難、横領など現金にまつわる被害を防ぐことができます。管理する側からすると安心してお金の管理を行えるのです。

お金を管理しやすい

キャッシュレス決済は現金を扱わず数える必要がないため、在高管理がしやすくなるというメリットがあります。また、キャッシュレス決済を導入すると、日毎の入金ではなく一括入金されることになるため、管理がしやすいでしょう。

顧客の来店機会を増やせる

キャッシュレス決済を導入することで、顧客の来店機会を増やせます。一方で、キャッシュレス決済に対応していないと、顧客の来店理由を潰してしまうことにもなりかねません。最近ではキャッシュレス決済が中心で現金を持ち歩かない人も増えています。特に海外はキャッシュレス決済が普及しているため、外国人観光客が多い店舗はキャッシュレス決済がおすすめです。

客単価を向上できる

キャッシュレス決済は客単価の向上にもつながります。その理由は顧客の衝動買いを促進できるからです。キャッシュレス決済だと手持ちの現金がなくても購入可能なため、顧客の購買意欲を上げることができるのです。結果的に、検討客が少なくなり客単価を上げることにつながります。

キャッシュレス決済利用による消費者のメリット

ここからはキャッシュレス決済を利用する消費者側のメリットを紹介します。

支払いがスムーズに行える

消費者側からすると、キャッシュレス決済はスマートフォンひとつあれば決済が完了するため、支払いがスムーズです。そのため、財布を持たなくても気軽に買い物に出かけることができます。また、レジでお金を支払う際に、かばんから財布を取り出す手間と時間も省くことができます。

現金に関するリスクが減る

キャッシュレス決済は現金のやり取りが不要なため、現金を持ち歩かずに済みます。買い物の際に、高額の紙幣や重い硬貨を持ち歩く必要もありません。また現金の盗難リスクも低減できます。その他、新型コロナウイルス感染症対策として、現金のやり取りが少なくなることで感染へのリスクも下がります。

ポイントがたまる

一部のキャッシュレス決済では、利用するとポイント還元やキャンペーン、クーポンなどのサービスを受けることができます。たまったポイントで買い物をすることもできるため、お得に買い物することが可能です。キャンペーンの時にはポイントが倍になるサービスもあります。うまくポイント還元やクーポンを使うことで、実質ゼロ円で買い物をできることもあるでしょう。

キャッシュレス決済のデメリット

一方でキャッシュレス決済にはデメリットも存在します。以下ではキャッシュレス決済導入による事業者にとってのデメリットを解説します。

初期費用がかかる

キャッシュレス決済を導入するためには、初期費用が発生します。QRコードを読み取ったり、カードを読み取ったりする機材が必要になります。一方で、長期的な視点での検討や需要自体を考えると、メリットのほうが大きくなるとも考えられます。したがって、キャッシュレス決済は費用対効果を考えて導入する考え方が求められます。

災害時では使えないこともある

キャッシュレス決済は基本的に通信サービスのため、災害が起きて停電や通信トラブルが起きると使えないことがあります。固定のWi-Fi機器を使っている場合は、特に通信障害に弱いというデメリットがあります。また、災害時にはクレジットカードよりもQRコードなど、スマートフォンを使用する決済方法のほうが強い点にも注意したいところです。

決済手数料がかかる

キャッシュレス決済を導入すると、決済サービス事業者に支払う決済手数料が発生します。手数料は店舗側が負担することになります。現金をやり取りする手間が削減されたり防犯対策になったりと、その他のメリットも大きいキャッシュレス決済導入ですが、手数料がかかることは確認しておきましょう。

現金化するのに時間がかかる

キャッシュレス決済導入後、売上金が口座に振り込みされるのは月に2?3回に限定されています。そのため、売上金が現金化されるまで時間がかかり、支払い計画などが難しくなる場合が考えられます。現金が必要になる時のことを考え、あらかじめ手元に現金を残しておきましょう。

キャッシュレス決済の導入方法

キャッシュレス決済の導入方法には2通りあります。

  • 直接契約
  • 決済代行会社を使う

それぞれ解説します。

直接契約

直接契約とは、サービスを提供している会社と個別契約する方法です。たとえば、クレジットカードを使ってキャッシュレス決済を導入する場合は、それぞれのブランドと直接契約する必要があります。直接契約のデメリットは手間がかかることですが、一方で費用は抑えやすいというメリットもあります。

決済代行会社の利用

決済代行会社を利用する方法もあります。これは、複数の決済方法を行う場合に効率的な方法です。決済代行会社は1社だけの契約で、複数のサービスを利用できるという特徴があります。また決済代行会社と契約すると、運用に関するアドバイスや審査通過のコツなども受けられます。その反面で手数料は高くなる傾向があることにも注意が必要です。

まとめ

NeoSarf/POS

近年ではキャッシュレス決済の導入が進み、多くの人が利用しています。キャッシュレス決済にはさまざまな利点がありますが、現金を持ち歩かずに済み、会計がスムーズで衛生的という点は多くの人にとってメリットでしょう。また事業者側からしてもお金を管理しやすいというメリットがあります。

NECソリューションイノベータのNeoSarf/POSは、操作性に優れたユーザーインターフェースとシンプルな操作性のPOSレジ機能です。お客さまの運用に合わせたシステムで提供が可能で、将来的なカスタマイズにも柔軟に対応しています。キャッシュレス決済の導入にぜひお役立てください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー・Retail Innovations

小売業を取り巻く社会環境・業界トレンドや調査データをまとめた
レポートなど、各種お役立ち資料をダウンロードいただけます。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をパッケージでご提供します。特にPOSレジシステムはNEC製POS専用機以外にも他社POS専用機・PC・タブレットにも対応。これにより、M&Aなどによる統合・合併時、ハードウェア老朽化時でも一つのPOSソフトウェアで管理が可能になるため、IT資産管理業務の効率化を支援します。