小売業におけるオムニチャネル戦略とは

小売業向けPOSシステム・トピックス小売業におけるオムニチャネル戦略とは

小売業を中心に広がっている販売戦略の1つであるオムニチャネル。
ICT技術が発展し、購買行動が変化する中、小売業は顧客の
「リアル/ネット問わず、一貫したサービスの提供」という
ニーズへの対応を求められています。

小売業におけるオムニチャネル戦略とは

オムニチャネル戦略とは

オムニチャネル戦略とは、小売業を中心に広がっている販売戦略の1つです。企業の販売活動における顧客との接点を「チャネル」、WEB・ECサイト・アプリ・リアル店舗などの様々なチャネルを連携させ、顧客に対して一貫的にアプローチする戦略を「オムニチャネル戦略」といいます。

マルチチャネルとオムニチャネルの違い

「マルチチャネル」とは、顧客に対して様々なチャネルを用意することです。それにより、多くの顧客接点を創出することができますが、チャネル間の連携がないため、多くの機会損失も発生していました。(例:リアル店舗とECサイトの在庫が別管理のため、リアル店舗には在庫はあるがECサイトは売り切れ 等)一方、「オムニチャネル」を実現する仕組みでは、在庫・顧客・ポイント情報などを統合管理。顧客は、チャネルの違いを意識せずサービスを享受できます。

マルチチャネル

複数のチャネルをそれぞれ独立したサービスとして提供

オムニチャネル

どのサービスを利用しても一貫したサービスを提供

顧客は一貫したサービスを求めている

ICTの技術が進展し、消費行動は変化しました。リアル/ネット問わず、顧客は一貫したサービスを求めています。顧客はリアル店舗、ECサイト、アプリを利用する際に、次のような悩みを抱えています。

  • せっかくリアル店舗に足を運んだのに、購入したい商品の在庫がなく、店員からは「ECサイトの商品のことはわからない」と言われてしまった。
  • リアル店舗で貯めたポイントをECサイトで利用できないため、ECサイトは利用しなくなった。
  • 普段はECサイトに会員登録して商品を購入しているが、はじめてリアル店舗で商品を購入したら、リアル店舗でも会員登録を求められた。

オムニチャネルへの対応により在庫、顧客、ポイント情報などを統合管理

オムニチャネル時代のシステムの方向性

さまざまな企業がオムニチャネルに取り組んでいますが、共通して言えることは、チャネルありきではなく「顧客中心視点」を徹底させ、顧客に一貫したサービスを提供することにあります。
ECサイト市場は現在も成長を続けており、スマートフォンの急速な普及により消費者にとってますます身近な存在になりました。今やECサイトは単なる販売チャネルの1つとしてではなく、行動データから顧客ニーズを把握する重要な窓口です。また、人と人が密に接する場であるリアル店舗も、今まで以上に重要な位置付けとなります。
オムニチャネル時代のシステムには、ネットとリアル問わず、シームレスに統合したデータを元に、チャネルを横断する顧客に対して、一貫性を持ったサービスを提供できる仕組みが求められます。

NECソリューションイノベータは小売業のオムニチャネル戦略のために、次のようなサービスを提供します。

  • ECサイトとリアル店舗の顧客情報の連携
  • ECサイトとリアル店舗の在庫情報連携
  • EC注文の店舗引取
ECサイトとリアル店舗の顧客情報を統合し、お客様の購買情報を一元管理

どのチャネルを利用しても一貫したサービスを提供

在庫情報を連携し、EC注文のリアル店舗引き取りを実現

ECサイト/販売管理間で在庫情報を連携し、リアル店舗で在庫を確保

EC・通販統合ソリューション「NeoSarf/DM」

EC・通販統合ソリューション「NeoSarf/DM」

市場の変化にも、日々の課題にも、柔軟に対応し、お客さまの事業の成長を支えるEC統合ソリューションです。受注から配送までのフルフィルメント(受注、在庫管理、出荷、受け渡し、入荷まで)に対応し、効率化を支援します。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をパッケージでご提供します。特にPOSレジシステムはNEC製POS専用機以外にも他社POS専用機・PC・タブレットにも対応。これにより、M&Aなどによる統合・合併時、ハードウェア老朽化時でも一つのPOSソフトウェアで管理が可能になるため、IT資産管理業務の効率化を支援します。