POSデータとは?その定義やデータの種類からPOSデータの活用例を解説

小売業向けPOSシステム・トピックスPOSデータとは?その定義やデータの種類から
POSデータの活用例を解説

POSデータは、商品が売れた時間や商品名などを含み、消費者の行動をデータとして把握できます。購買された日時から年齢層までさまざまな情報を収集、データ分析することで仕入れの調整や、商品が売れるタイミングなどもつかめます。POSデータを販売戦略などに活用することは、企業の成長に欠かせないことです。

  • トップ>
  • トピックス>
  • POSデータとは?その定義やデータの種類からPOSデータの活用例を解説

POSデータとは?その定義やデータの種類からPOSデータの活用例を解説

ITやICTが普及した現代、顧客の消費行動は大きく変化しました。そこで重要となるのがPOSデータ。小売業界の経営戦略を進めるうえで、商品がどのように購買されているかを把握するために、このデータは大きな価値を持ちます。そこで本コラムでは、そもそもPOSデータとは何なのか、その定義やデータに含まれる情報の種類を再確認しながら、POSデータの活用方法やECサイトとの連携について解説します。

POSデータとは

POSシステムとは

POSデータとは、POSレジで取得できる顧客の消費行動をデータ化したものです。顧客はインターネットを活用して商品情報を得ていることが多いため、ニーズの変化が早くなっています。多様化するニーズを把握するためにも、POSデータは企業が成長していくための重要なデータなのです。
まずは、POSデータの定義やデータに含まれる情報の種類を確認していきましょう。

POSデータの定義

POSデータとは、どのような商品が売れたのかという情報をPOSレジで取得したデータのことです。
店舗のPOSレジで商品のバーコードを読み取るなどして得られるデータを、本部を含めたPOSシステム全体で連携することで、リアルタイムなデータ管理ができ、それらデータを店舗での在庫管理や消費者の購買行動の把握に活用できるのです。

POSシステムについては、下記記事に記載していますので、ぜひご覧ください。
【2021年度決定版】POSシステムとは?仕組みや歴史、最新POSシステムのメリット・デメリットを徹底解説

POSデータに含まれる情報の種類

POSデータには、以下のような情報が含まれます。

  • 商品が購入された日時
  • 商品が購入された店舗
  • 商品が購入された個数
  • 購入された商品名
  • 購入された商品の価格

また、ポイントカードを発行していたり、クレジットカード・QR決済などのキャッシュレス決済に対応していたりする場合には、以下のような顧客情報も同時にデータ化できます。

  • 商品を購入した方の性別
  • 商品を購入した方の年齢層

これらPOSデータを企業全体で連携すれば、商品別の売れ筋や消費者の購買行動を分析するために利用できます。

POSの売上管理については、下記記事に記載していますので、ぜひご覧ください。
POSシステムで売上管理が効率化する!売上管理の定義や目的からその必要性と利用シーンを解説

POSデータの活用例

POSデータの定義やデータの種類を確認したところで、ここからはPOSデータをどのように活用するのかを見ていきましょう。

具体的には、以下4つの活用方法が挙げられます。

  • 売上の向上とコスト削減
  • キャンペーン
  • セット販売
  • オムニチャネルの活用

店舗のPOSレジで取得したPOSデータは、POSシステムの本部側の機能を活用することで、企業全体で管理ができます。また、蓄積したPOSデータを分析すれば、経営戦略や意思決定にも役立つのです。

売上の向上とコスト削減

POSデータを分析すれば、効率的な売上の向上とコスト削減を実現できるでしょう。
分析手法の「ABC分析」を用いることで得られる結果には、以下のようなものが挙げられます。

  • 売れ筋商品
  • 死に筋商品

例えば、売れ筋商品ならば発注量を増やすことで売上の向上が期待できます。また、死に筋商品ならば発注量を減らしてコスト削減を図れます。このように商品構成を調整することで、売上を上げてコストを削減することが可能になるのです。

キャンペーン

POSデータ分析によって、商品の販売時期を統計で確認できますので、「売れる時期にキャンペーンを打つ」という販売戦略を立てられます。

このとき利用する分析方法は「トレンド分析」で、以下のような情報が得られます。

  • 商品の販売数がどのようなときに伸びているのか
  • 商品の販売数がどのようなときに低迷しているのか

例えば、家具が売れているのが2月~5月ならば、引っ越しシーズンと重なっていることが分かります。このとき、ダイニングテーブルの値下げや配送料無料などのキャンペーンを打つことで、商品のさらなる販売数向上が期待できるでしょう。

このように、商品ごとの「売れる時期」と「売れない時期」のトレンドを知ることで、顧客を取り込むためのキャンペーンを打つタイミングを判断できるのです。

セット販売

同時に売れている商品の組み合わせを知ることで、セット販売をするという戦略を立てることもできます。
POSデータを分析すれば、購入された商品の種類と日時が分かります。このようなデータを分析して「組み合わせて売れている商品」を知るのが「バスケット分析」です。例えば、「テーブル」が購入されたのと同じタイミングで「椅子」が売れている傾向にあるならば、テーブルと椅子をセットにして販売したり、テーブル売り場の横に椅子の売り場を設けたりすることで、2つの商品の売上を伸ばすことができます。

このように、比較的同じタイミングで購入されている商品をセットで販売できる動線をつくることで、販売数向上が期待できるのです。

オムニチャネルの活用

オムニチャネルとは、小売業と顧客の接点を増やし、顧客へ購買を促す経営手法です。
オムニチャネルの「接点」とされるものには以下が挙げられます。

  • リアル店舗
  • ECサイト
  • SNS
  • マスメディア
  • 通販サイト
  • コーポレートサイト
  • メールマガジン
  • コールセンター など

メールマガジンやSNS、ECサイトなどと連携・データ統合をして、顧客がどのようなチャネルからでも商品を購入できる状態をつくることで、顧客はどこからでも商品を購入できるようになります。

このとき、POSデータとオムニチャネルのデータが統合されていれば、BIツールを活用したさまざまな経営戦略が立てられるのです。

例えば、消費者の年齢層や性別、購入履歴に適したキャンペーン情報を、ECサイトやSNSの広告として流し、広告を見た消費者がそこから直接購入するといった販売ルートが設定できます。顧客が商品を欲しいときに、好きな場所で購入して、好きな場所で受け取れる環境を構築するために、POSデータを活用できるのです。

オムニチャネルとマルチチャネルの違い
オムニチャネルに似た用語として「マルチチャネル」があります。双方の違いは、「すべてのチャネルが連携しているか否か」です。
オムニチャネルは上述のとおり、顧客があらゆるチャネルから商品を購入できる動線をつくるものです。一方、マルチチャネルは、さまざまなチャネルを利用しますが、それぞれのチャネルは連携されておらず、独自に宣伝を行っている状態です。
例えば、SNSやECサイト、メールマガジンなどのチャネルを使った販売戦略を行っているとします。
このとき、マルチチャネルという戦略を取っていた場合、チャネルが連携しておらずデータの一元管理ができていないので、ECサイトで購入した商品はECサイトからの配送受け取りのみ、SNSやメールマガジンを経由した購入した商品に関しても購入した指定のリンク先(ネットショップなど)からの配送、リアル店舗での購入ならば店舗でしか受け取れないという状況が生まれます。
しかし、オムニチャネルならばすべてのチャネルが連携して動いているため、ECサイトで見つけた商品をその場で購入しておけば、あとはリアル店舗でも配送でも商品を受け取れるといったように、顧客は自由な選択ができるのです。

オムニチャネルについては、下記記事に記載していますので、ぜひご覧ください。
小売業におけるオムニチャネル戦略とは

ECサイトとPOSデータの連携

ECサイトとPOSデータの連携

ECサイトの販売データとリアル店舗のPOSデータを連携することで、双方の顧客の購買データを一元管理できます。データを一元管理できれば、リアルタイムでの在庫管理も可能です。特に、ECサイトの運営強化が加速している小売業界では、POSデータとECサイトの販売データを統合することは必須だと言えるでしょう。こうすることで上述したデータの分析の幅も広がり、マーケティング施策に利活用できるのです。

まとめ

POSデータとは、POSレジから収集される顧客の消費行動をデータ化したものです。POSデータでは商品が購入された日時や個数、年齢層など幅広い情報が取得できます。これらのデータを分析することで、販売数を向上させたりコスト削減につなげたりといった、データドリブン経営に役立ちます。POSデータは、販売戦略を立てるうえで重要な役割を果たすものなのです。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー・Retail Innovations

小売業を取り巻く社会環境・業界トレンドや調査データをまとめた
レポートなど、各種お役立ち資料をダウンロードいただけます。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をパッケージでご提供します。特にPOSレジシステムはNEC製POS専用機以外にも他社POS専用機・PC・タブレットにも対応。これにより、M&Aなどによる統合・合併時、ハードウェア老朽化時でも一つのPOSソフトウェアで管理が可能になるため、IT資産管理業務の効率化を支援します。