【セルフレジの完全マニュアル】仕組みやメリット、導入方法まで解説!

小売業向けPOSシステム・トピックス【セルフレジの完全マニュアル】
仕組みやメリット、導入方法まで解説!

近年、大型店舗を中心に見かけるようになったセルフレジ。
その名のとおり顧客自身で会計作業をすませられるため、レジの待ち時間解消や接客業務への集中など、顧客側と店舗側両方に一定のメリットがある仕組みです。今回はセルフレジの仕組みやトレンド、メリットなどについてお伝えしていきます。

  • トップ>
  • トピックス>
  • 【セルフレジの完全マニュアル】仕組みやメリット、導入方法まで解説!

セルフレジとは

セルフレジとは

セルフレジは大きく「フルセルフレジ」と「セミセルフレジ」の2種類に分けられます。フルセルフレジは、バーコードを顧客がひとつずつスキャンしてレジに読み取らせ、会計をすませられるタイプが主流です。各商品にICタグをつけることで、バーコードをスキャナーにかざさずに会計ができる革新的な仕組みのセルフレジも登場しています。セミセルフレジは、従業員が商品の情報をレジに登録し、顧客が精算機で決済をするタイプのレジです。

どちらのセルフレジも導入コストはかかりますが、レジでの作業量を削減できるため、コア業務へのシフトが可能です。トラブル時の対応要員は必要になるものの、効果が出ている事例が複数あり、注目が集まっています。

フルセルフレジとセミセルフレジとの違い

フルセルフレジとセミセルフレジとの違い

フルセルフレジとセミセルフレジは、バーコードスキャンを自分でするか、従業員がするか、という点が大きく異なります。

セミセルフレジは、従業員が商品を登録し、決済は顧客自身で行うため、スキャンに慣れていない顧客でもスムーズに買い物ができます。場合によってはフルセルフレジよりも会計前の待ち時間を短縮可能です。

最近のセルフレジのトレンド

最近のセルフレジのトレンド

コロナ禍による非対面・非接触ニーズの浮上から、セルフレジの需要は拡大傾向にあります。最近は、スーパーやコンビニ、レンタルショップなどさまざまな店舗でセルフレジを見かけるようになりました。大手の衣料品量販店を中心に、前述したICタグを一括で読み取るタイプの革新的なフルセルフレジも普及しています。

セルフレジのトレンドについては、スーパーマーケット限定のデータですが、「2020年スーパーマーケット年次統計調査」にて、セルフレジ・セミセルフレジ・セルフバーコードスキャンレジについて統計データが公開されています。データを下記のとおりまとめましたので、ご覧ください。

セルフレジについて

  • 設置状況は全体の15.8%。2019年から2020年で4.4%の増加
  • 保有店舗数51店舗以上の企業で設置率が45.5%
  • 売場規模に着目すると、大規模店舗中心型で設置率が41.7%。小規模店舗2.9%や中規模店舗10.5%に比べて大規模店舗の方が高い設置率
  • 都市圏の店舗設置率9.9%、地方圏の店舗設置率21.3%
  • 今後の設置意向は「新たに設置したい」割合が全体の17.6%、「設置数を増やしたい」が全体の9.9%
  • 保有店舗数51店舗以上の企業では「設置数を増やしたい」割合が31%
  • 地方圏で「新たに設置したい」「設置数を増やしたい」の合計が34.1%と、都市圏14.0%に比べて高い

セミセルフレジについて

  • 設置状況は全体で64.0%。こちらは2019年から2020年で6.1%の増加
  • 保有店舗数51店舗以上の企業で設置率が88.2%。ほとんどの店舗が導入している
  • 売場規模別では、小規模店舗中心型でも61.3%と高い導入率。大規模店舗中心型は78.7%
  • 都市圏66.7%に対して地方圏は67.0%と場所によっての差はない
  • 今後の設置意向は「新たに設置したい」「設置数を増やしたい」がどのタイプの店舗でも30%超

店舗数や規模、都市圏と地方圏などで差はあるものの、フルセルフレジ・セミセルフレジのニーズは年々高まっています。セルフレジに関しては地方の大規模店舗の反応が特に肯定的です。セミセルフレジは既に多くの店舗が導入していて今後の台数増加にも積極的であることが分かります。

セルフレジ導入のメリット・デメリット

ここでは、セルフレジ導入のメリット・デメリットについて、それぞれ顧客側・店舗側の視点から見ていきましょう。店舗側のデメリットに関しては、解決策や代替案も合わせてご紹介します。

顧客側のメリット

  • 従来のレジよりすいていて、早く会計できるなど、時間的なメリット
  • レジ操作が簡単、レジ操作が楽しいと感じる顧客もいる。
    子連れの顧客は子どもがやりたがるといったように、ショッピングの楽しみのひとつになっている

顧客側のデメリット

  • うまくスキャンできない、バーコードがないなどの特殊な登録操作が必要な商品の場合の対応が面倒
  • セルフレジに慣れていない顧客の場合、操作に時間を要する
  • 従来は従業員が対応していたことを顧客が行うため、顧客の手間が増える

店舗側のコスト面、環境面、経営面のメリット

  • 混雑の緩和や待ち時間短縮効果
  • 単純作業から従業員を開放して接客へパワーシフト
  • レジ人員の人件費削減
  • 自動決済による営業後の精算作業・違算金確認などの簡略化
  • 従業員と顧客の接触が最小限になることによる、新型コロナウイルス感染症やその他感染症のリスク抑制

店舗側のコスト面、環境面、経営面のデメリット

  • 使い方が分からない顧客へのフォローが必要。しかし、混雑ピーク時は人員を多めに配置するといった工夫で対応できる
  • 顧客自身に決済対応をお願いするため、サービスが悪いというようなネガティブな印象を与えることがある。レジを対応しない分、商品説明で接客の機会を増やすことが求められる
  • 商品のスキャン登録を顧客自身に行わせるため、少なからず精算忘れや万引きの発生が予想される。監視カメラやアラーム発報などの仕組みが必要
  • 従業員との会話が少ない、寂しい、無機質といった冷たい感覚を顧客に感じさせる。しかし接客の機会を別に作り、フォローすれば問題なし

顧客自身に決済対応をお願いするため、操作が分からないとの問い合わせを受けることや、サービスが悪いというようなネガティブな印象を与えることがある。レジを対応しない分、セルフレジ周辺でのフォローや、商品説明で接客の機会を増やすことが求められる

セルフレジの仕組みやメリットについては、詳しく記載した記事がありますので、ぜひご覧ください。
【衛生面での効果も】セルフレジのメリットやデメリットを解説!

アメリカ・中国での動向

アメリカ・中国での動向

中国ではモバイル決済が普及しています。調査機関であるiiメディアリサーチ(艾媒諮詢)の発表によると、2017年の中国のモバイル決済取引規模は前年比28.8%増の202兆9000億元に達し、顧客数は5億6200万人で前年比21.6%増という結果になりました。

一方、アメリカではレジレスやキャッシュレスが話題です。経済産業省が2018年に発表した「キャッシュレス・ビジョン」では、アメリカのキャッシュレス決済比率は2015年時点において45.0%でおよそ全体の半数を占め、さらに野村総合研究所が2018年2月に発表した「キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」においては、2007年から2016年の間でキャッシュレス決済比率は12.3%も増加しています。

必ずしもレジを使った形ではありませんが、アメリカや中国でもセルフ決済は確実に普及していると言えます。

セルフレジ決済までのオペレーション

一般的なフルセルフレジ決済までのオペレーションは、以下のとおりです。

  1. 商品をカゴに入れて、所定の場所に置く
  2. 顧客が商品をひとつずつスキャンし、レジに読み込ませる
  3. 金額が表示されるので、顧客が現金やカードなどでの支払い操作を行う
  4. 決済が行われ、レシートが発行される

また、同じく一般的なセミセルフレジ決済までのオペレーションは、以下のとおりです。

  1. 顧客がレジに購入したい商品を入れたカゴを置く
  2. 従業員がスキャンをし、袋詰めをして合計金額を提示。顧客は金額を確認
  3. 従業員が決済作業のみ精算機で実施するよう誘導
  4. 顧客が精算機で現金やカードなどでの支払い操作を行う
  5. 決済が行われ、レシートが発行される

セルフレジの仕組みの詳細は下記記事に記載していますので、ぜひご覧ください。
【導入検討ポイント】セルフレジの仕組みを詳しく解説!

NECのセルフレジは有人レジとの切り替えが簡単

NECのセルフレジは有人レジとの切り替えが簡単

NECのセルフレジは、有人レジとフルセルフレジをボタンひとつで切り替えられるので、従業員がついていないレジをフルセルフレジとして有効活用できます。また現金だけではなく、スマホ決済(コード決済)のような多彩な決済方法に対応し、ポイントカードの利用も問題ありません。
もちろん多言語対応(日本語、英語、中国語、韓国語)もされており、海外の顧客にも問題なく対応できます。それぞれの言語は、言語選択画面での簡単な切り替え操作で使用可能です。

システム面では、ECとPOSシステムの連携などの拡張性も考えられるため、データの一元管理などの施策も期待できます。リアルタイムでの全在庫を把握し、データを活用したマーケティング戦略を検討していけるでしょう。

セルフレジの導入事例

ここからは、実際にセルフレジを導入した事例や成果について見ていきましょう。

フルセルフレジの導入でレジ待ち時間を軽減

衣料品や家具を中心としたとある製造小売業では、多くの顧客によるレジ前の行列が大きな課題になっていました。また中国からの顧客がよく来店するということもあり、中国語を中心とした多言語対応が急務でした。しかしながら、レジの増設・増員と外国語対応が可能な従業員の雇用の両方に対応すると、店舗にとっては大幅なコスト増になってしまいます。

そこで検討されたのがフルセルフレジです。現金での対応はできない仕様でしたが、フルセルフレジを導入することで顧客の待ちを解消し、さらに言語の選択による多言語対応もできるようになりました。当初はフルセルフレジの利用率を全顧客の2%程度と試算していた同店でしたが、ふたを開けてみれば平日5%、休日9%と、当初の予想を大幅に上回る成果を出すことができました。

フルセルフレジでの対応に苦慮する顧客もいるのではないかと考えられていましたが、通常レジが1時間40名ほどの顧客決済を処理することに対して、フルセルフレジは1時間35名ほどを対応。スピード感は十分という結果に落ち着いています。

今後はセルフレジ関連で、下記3点の対応を検討しているとのことです。

  • フルセルフレジの利用拡大・横展開
  • フルセルフレジの現金決済対応
  • デジタルサイネージと連携した販促

スマートフォンを活用したフルセルフレジ

とあるスーパーマーケット事業者では、首都圏の店舗を中心にスマートフォンで会計ができるセルフレジを本格展開しています。顧客は入店すると、まず貸し出し用のスマートフォンを手に取り、購入する商品のバーコードを都度スキャンしていき、最後に専用レジで会計します。スキャンは商品を手に取る際に終了しているため、レジの待ち時間が大きく短縮されるのが最大のメリットです。今後は関連商品の割引情報の配信や、購入履歴に関連する料理動画レシピの案内、顧客自身のスマートフォンでの購買を可能にする専用アプリの導入も検討されています。

ただし課題も存在し、特にスマートフォンに不慣れな顧客のフォロー体制は手厚くする必要があります。しかしながら、フォローをしつつセール品の紹介をするといった接客のチャンスも増えるので、フォローを手厚くすることによるメリットも生まれるでしょう。今後も同社は同じ方式のセルフレジを順次展開することとしています。

セミセルフレジでレジ待ち行列を大幅に解消

とあるスーパーマーケットチェーンは、駅近を中心に店舗を展開しています。夕方の帰宅時になると多くの顧客が来店し、ピーク時間にはレジの待ち行列が常態化していました。特売日になると1つのレジに15人以上が並ぶこともよくあり、購入を諦めて帰ってしまう人もいるほど。レジ待機列の解消は喫緊の課題となっていました。

そこで、同社はセミセルフレジの導入に踏み切ります。導入したのはレジ担当者がレジへの商品登録を行い、顧客が精算機で精算するタイプのレジ。導入担当者には「銀行のATMやセルフガソリンスタンドが広まったように、セルフレジも世の中に広まっていくはず」という確信がありました。当初はうまく運用できるか不安も大きかったとのことですが、高齢の方が精算機を問題なく使用していく姿を見て、成功を確信したとのことです。

セミセルフレジの導入に伴って顧客の動線も工夫し、カートに乗せたままレジから精算機を経てサッカー台へと移動できる仕組みを導入しました。お米のような重量物があるときでもスムーズに運べ、高齢者や子ども連れの方でも利用しやすくなっています。

セミセルフレジ導入後、夕方のレジ待ち行列は激減し、特売日でも行列が10人を超えることはなくなりました。さらに、日々のデータを分析のうえレジを2台、精算機を3台というレイアウトにしたところ、レジの処理能力が1.6倍になり、レジ台数そのものを削減できたことも大きな成果です。また多いときには12人必要だったレジ担当者を8人にまで減らせたそうです。レジを撤去したスペースには新しい売り場ができ、売り上げアップに結び付きました。

セルフレジ導入までの流れ

NECではどのような流れでセルフレジの導入に対応しているのか、その導入フローの概要をご紹介します。

発注まで

1.要件の確認
セルフレジの最適なご活用方法を提案するためにご要件をお伺いします。

2.当社製品のご紹介やデモ・ご提案・お見積もり
当社の製品についてご紹介します。このタイミングで、デモンストレーションをご覧になることも可能です。また、ご要件の確認が完了しましたらご提案・お見積もりの提示をいたします。

3.発注(必要に応じて「1」「2」を繰り返す)
お見積もりの内容で問題がなければご発注をいただきます。必要があれば「1」、「2」の手順を再度実施します。

導入まで

1.あらためてNECのセルフレジのご紹介と運用確認
あらためて製品をご紹介します。また、製品の機能と想定される運用を照らし合わせ、本製品導入後に運用が滞りなく進むか確認します。

2.セルフレジのセットアップ
ここまでに伺った内容に沿って、セルフレジをセットアップします。

3.教育
セットアップしたセルフレジを活用し、使い方をレクチャーします。

4.テスト導入
試行店舗にてテスト的にセルフレジをご導入いただき、実際の運用でテストします。

5.本番運用開始
ほかの店舗にもご要件に沿ってセルフレジをご導入いただき、本番運用を開始します。

注意事項

「導入まで」の「1」の際に、個別の開発をしなければ運用を実現できないという判断になった場合は、「2」以降のフェーズの前に個別開発フェーズが発生します。詳細は別途お問い合わせください。

セルフレジの今後

セルフレジは全国的に認知度が高まっており、会計が早くすむといったポジティブな意見がある一方で、操作性やサービス品質において試行錯誤が続いていて、現在では利便性を向上させた新たな仕組みが複数登場しています。

一例として、袋詰めまで自動化するようなフルセルフレジが挙げられます。所定の場所にカゴを置くとレジ機器がカゴを丸ごと飲み込み、金額を表示します。商品にはICタグが付いているので、読み取りは一瞬です。決済すると袋詰めされた商品が出てきます。

さらに昨今では、常駐する従業員がいない無人店舗も登場しています。無人店舗での決済は、カゴを所定の位置に置くとスマホで自動決済される仕組みや、入店時に認証をすれば退店時に商品を自動で判別し、レジを通さなくても自動で決済できるようにしている仕組みなど、さまざまです。特に後者のような退店時にレジを通さなくてもよい仕組みを「レジレス」と呼びます。

将来的にはローカル5Gとの連携で、レジに並ばなくても自動決済できる仕組みが普及していく可能性は大きいと言えるでしょう。

最新技術を活用したレジレスのNEC SMART STORE

最新技術を活用したレジレスのNEC SMART STORE

NECでも、レジレス型店舗「NEC SMART STORE」を2020年2月に本社ビル内にオープンしています。同店は、NECが小売業向けに構築した売上管理、顧客管理等の店舗システムと、Cloudpick(云拿)社が有するセンサーからのデータ解析システムを連携することで、レジレスの仕組みを構築して運営している店舗です。

顔認証技術には、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を採用しています。2020年7月より、マスク着用時でも顔認証で本人を照合可能となり、感染症対策としての安全性とスムーズな購買体験の両立を実現しています。店舗側ではレジ人員の人手不足を解消でき、顧客にはレジ待ち時間が発生しません。さらに各棚に設置された重量センサーと店舗内に設置された35台のカメラによって、商品を特定するとともに、棚の商品の数量管理が可能です。また店舗側では、どんな商品を選んだのか、どんな商品で購入を迷っているのかということも判別できるため、マーケティングにもデータを活用できます。
購入したい商品を手に取って退店するだけで決済でき、決済後はNECの給与システムと連動して精算されます。

利用フローは以下の通りです。

1.事前登録
本人の顔を撮影した画像をシステムに登録します。

2.入店
店舗入り口カメラにて顔認証して入店します。

3.商品選択
センシング技術で手にした商品を特定してカートへ追加します。

4.決済
店舗を出ると自動的に決済完了。店舗出口にある端末にて顔認証し、購買結果を確認することも可能です。

ただ、同店は便利な点ばかりではありません。利用時には3点の制約事項があります。

  • 購入前の商品は他の人と交換禁止
  • 必ず入口から入店する必要がある
  • 最大入店者数は8人

しかし通勤時や忙しい時間帯にもレジに並ぶことがなく商品を購入できます。さらには、入退店から決済まで商品以外に触らずに買い物ができるレジレス型店舗は、非接触という観点でも注目が集まっています。レジ待ちによる混雑もないため、密接した環境も回避でき、感染拡大の抑制に期待できるのも大きな魅力でしょう。

NECでは、快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現を目指す「Smart Retail CX」のコンセプトのもと、小売業における消費者行動の変化への対応や、労働力不足の解消といった社会課題の解決に取り組んでいます。そのための技術やソリューション、サービスの体系化を進めており、今後も展開を継続していきます。

セルフレジの導入でスムーズな決済処理を

セルフレジの導入でスムーズな決済処理を

セルフレジは大きく「フルセルフレジ」と「セミセルフレジ」の2種類に分けられ、それぞれに特徴がありますが、総じて混雑緩和やレジ対応人員の削減などに効果を発揮します。

セルフレジのトレンドとしては、スーパーマーケット限定のデータになりますが、フルセルフレジ・セミセルフレジともに設置が活発になっていて、今後も導入をしていきたいという反応が多いことが分かっています。

セルフレジは、混雑の緩和や人員削減などメリットがある一方、顧客のセルフレジ使用や感情面についてのフォローが必要ですが、フォローは接客のチャンスでもありますので、総合的に見ればセルフレジ設置はプラスと言えるのではないでしょうか。

アメリカや中国などでも、セルフレジの普及は進んでおり、今後世界中での利用が予想されています。セルフレジ普及の波に乗り遅れないよう、効果的にセルフレジを導入していきましょう。セルフレジ導入をお考えの際には、ぜひ一度NECソリューションイノベータへお気軽にご相談ください。

セルフレジ

セルフレジ

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」
セルフレジ機能

お客様自身が決済をおこなうセルフレジ機能により、レジ業務の省人化・省力化を支援します。お客様の会計操作の動線を意識した画面設計なので、操作案内の手順に沿って簡単に会計をおこなえます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー・Retail Innovations

小売業を取り巻く社会環境・業界トレンドや調査データをまとめた
レポートなど、各種お役立ち資料をダウンロードいただけます。

小売業向けPOSシステム

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」

小売業向けPOSソリューション「NeoSarf/POS」は、店舗運用に必要な機能をパッケージでご提供します。特にPOSレジシステムはNEC製POS専用機以外にも他社POS専用機・PC・タブレットにも対応。これにより、M&Aなどによる統合・合併時、ハードウェア老朽化時でも一つのPOSソフトウェアで管理が可能になるため、IT資産管理業務の効率化を支援します。