導入事例(小林酒造様)

NEC 清酒もろみ分析クラウドサービス

酒造りのデータをクラウドで保存

誰もがいつでも把握できることが次代への技術伝承にも貢献

かつて炭鉱の町として栄えた夕張。昭和20〜30年代、全国からやってきた炭鉱員たちの「息抜き酒」として親しまれたのが小林酒造様の「北の錦」です。力強い骨太な味わいを守り続ける老舗酒蔵が、技術とノウハウを次代へ伝承するために「NEC 清酒もろみ分析クラウドサービス」を導入。「入力の仕方も簡単なうえ、定期的なアップデートにより随時改善されていくので、使い勝手については満足しています」と杜氏は語り、若手蔵人の育成にも大きな役割を果たしています。

■INDEX

  • 数々の受賞歴を誇る理念と技術をサポート
  • スピーディに検索でき外出先でも状況確認が可能
  • データ入力を通して工程の流れと日々の作業を知る

お問い合わせ・ダウンロード