ページの先頭です。
ここから本文です。

輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIX・導入事例
自動車部品の輸送1
(部品工場から組立て工場へ)

1車当たりの平均往復回数が0.3回程度アップ。無駄な増車を削減。

概要

業態

自動車部品メーカー

課題/ニーズ

  1. 積付シミュレーションにより、トラックの稼働率を高め、無駄な増車を避けたい。
  2. 組み立てラインの搬入計画を意識した計画立案。
  3. 荷姿、および段組みも考慮したトラックへの部品積み付けを想定。

導入効果

ラインへの納品待ち時間を削減で、車両あたりの平均往復回数が0.3回程度アップ。

搬送先工場内では複数ラインへ納品する必要があり、各生産ラインの納品時間を意識した配送計画を立案し、トラック待ち時間を削減。

荷姿を考慮した車両積載可否判断により、計画精度が向上。

従来は勘と経験のみで積載可否判断をしており、実際の出荷時に混載できないことが判明し、その場で追加便を手配するなどの運用があったが、その問題をクリアした。

車両への積み付け状態確認画面イメージ

車両への積み付け状態確認画面イメージ
  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・お問い合わせ

    輸配送管理システム ULTRAFIX導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 卸・物流ソリューション
    資料ダウンロード

    卸・物流ソリューションの関連資料を
    ダウンロードいただけます

  • 2020年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。