ページの先頭です。
ここから本文です。

輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIX・導入事例
自動車部品の輸送2
(工場から倉庫/中継/製品納入へ)

計画の多回化により、無駄な車両確保を抑制。スポット便台数低減にも効果。

概要

業態

自動車部品メーカー
自動車部品の工場・倉庫間輸送、中継、納入など全輸送形態の一元管理

課題/ニーズ

  1. 計画の多回化(中長期→月次→週次→日次)に対応した高効率な計画立案。
  2. 計画に基づき、定期便、臨時便、特便を適切に手配したい。

導入効果

無駄な車両確保を抑制。

ULTRAFIXの機能を活用し、運送会社への発注サイクルを月次→週次とすることで、無駄な車両確保を抑制。*
* 自動車メーカの場合、中長期→月次→週次→日次と生産計画の内示情報がベンダに提供される。
* ULTRAFIXでは、中長期→月次→週次→日次と受注内示情報の段階に合わせた計画の多段階化が可能なため、週次での発注業務が可能となった。

スポット便の台数を削減。

固定費である定期便の適用率を上げるため定期便積載率の向上を優先することで、変動費である臨時便、スポット便の台数が低減できた。

無駄な車両確保を抑制
  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・お問い合わせ

    輸配送管理システム ULTRAFIX導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 卸・物流ソリューション
    資料ダウンロード

    卸・物流ソリューションの関連資料を
    ダウンロードいただけます

  • 2020年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。