ページの先頭です。
ここから本文です。

輸配送管理システム(TMS)ULTRAFIX・導入事例
日配品配送(食品工場から店舗へ)

配送シミュレーションパターン・バージョンの複数管理を容易に実現。

概要

業態

日配食品を地域小売店に配送

課題/ニーズ

  1. 業務が属人化している。
  2. オペレーション効率を評価するルール/仕組みがない。
  3. 物流サービスが体系化/数値化されていない。
  4. 協力会社の品質レベルを評価/改善する仕組みがない。
  5. 上記を踏まえを下記のシステム化要件とした配車シミュレーションシステムの早期構築。
    「優れた操作性」「情報の見える化」「柔軟な仕組み」

導入効果

パターン・バージョンの容易な管理

配送シミュレーションパターン・バージョンの複数管理が容易に行えるようになった。

データの管理イメージ

多様な立案計画に容易に対応。

  1. 方面単位での計画立案
    方面単位での計画立案
  2. 車両出発場所に基づく計画立案
    車両出発場所に基づく計画立案
  3. 配送中または配送後の集荷物計画の立案
    配送中または配送後の集荷物計画の立案

計画立案作業の平準化とフレキシブルな対応力強化。

経験量やスキル、勘に頼らない配車シミュレーションが可能に。

  • 輸配送管理システム(TMS)
    ULTRAFIX・お問い合わせ

    輸配送管理システム ULTRAFIX導入のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 卸・物流ソリューション
    資料ダウンロード

    卸・物流ソリューションの関連資料を
    ダウンロードいただけます

  • 2020年版・物流システムリサーチ結果【抜粋版】

    荷主企業、物流事業者300名の物流業務や物流システムに関する
    リサーチ結果をダウンロードできます。