サイト内の現在位置

気候変動への対応

当社の環境経営における気候変動対策では、これまでの『ICTの活用によるお客さま・社会からのCO2排出量の削減』に加えて、『気候変動によるさまざまな影響への備え』へと拡大し、「緩和」と「適応」の両面から気候変動対策において価値あるソリューション・サービスを提供することに取り組んでいます。

気候変動への対応、環境貢献が高い環境配慮基準を満たした製品やサービスは、NECの定める自己宣言型環境ラベル(エコシンボルスター)に認定されています。

「緩和」への対応

当社が提供するICTソリューションの導入により、お客さまの業務効率化だけでなく、人やものの移動と保管、ペーパーレス化等にも貢献できると考えています。導入前と比較して、トータルでCO2排出量の削減が期待できます。

既存システムを変更することなく、PDFをはじめとした多種多様な帳票データに参照権限をつけて公開し、Webブラウザ経由で検索・参照・社内外でタイムリーに共有可能なWeb電子帳票管理システムです。
請求書をはじめ、従来は紙や記録媒体で管理していた帳票や付随する書類、データを一元的に電子化して共有できること、お客さまを含めてシームレスにペーパーレス化できることから、作業工数や紙使用の削減、保管場所の省スペース化等に貢献し、CO2排出量の削減に繋げることが可能となります。

「適応」への対応

当社が提供するICTソリューションは、気候変動による「災害」「水資源不足」「食料不足」「健康被害」などのさまざまな影響への「適応」にも貢献できると考えています。

温湿度をはじめとした8種類のセンサデータを組み合わせ、そのデータを1つの画面で可視化するサービスです。
熱波により高温・高湿度になりやすい屋内環境に温度センサを取り付け、作業管理に必要な現場情報を自動収集することで、高温・高湿度の環境が整う前に、メール通知によるアラートが可能になります。
アラート通知により、現場の温湿度の調整、または水分補給等の現場状況に応じた適切な措置を促し、熱波や猛暑による健康被害や疾病のリスクを防止/軽減することが可能となります。