サイト内の現在位置を表示しています。

社外からの表彰

2017年度情報処理学会「業績賞」を受賞しました。

当社は、「音声対話型AI帳票を実現する現場作業支援ソリューション」で、2017年度情報処理学会「業績賞」を受賞しました。

今回の受賞は、従来、作業実績の収集・分析・改善に課題があった人作業の品質・生産性向上を目的に、音声対話型AI帳票を開発し、作業改善サイクル向上、検査の不正抑止、サービス品質向上を可能とするソリューションを実現したことによるものです。

人作業に用いられてきた紙帳票に特長的な作業効率性や作業フローの変更容易性を活かしながら、人作業実績をリアルタイムにデータ化できるため、IoTデータを分析するシステムとも高い親和性があります。製造/卸売/水産/農業などの200ヵ所以上の現場に導入し、作業効率化を実現したことや、NECグループ会社の工場における実証結果が評価されるとともに、IoTの進化による利点を人作業にもたらすイノベーションのモデルとして評価されました。

(受賞:2018年6月6日)


2017年度情報処理学会「山下記念研究賞」を受賞しました。

当社が情報処理学会 コンシューマ・デバイス&システム研究会で発表した論文「Identity Confirmation to Issue Tickets using Face Recognition」が、2017年度情報処理学会「山下記念研究賞」を受賞しました。

本論文は、当社が開発、実用化した「入場者のなりすまし防止と確認作業効率化のための顔認証による本人確認システム」に関するもので、先進的な技術力とイノベーションで新たな価値を創造し、サステナブルな社会の実現に貢献する成果であり、その波及がグローバルに期待できると評価されました。

(受賞:2018年3月13日)


「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)」に認定されました。

当社は、日本健康会議から「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。

「従業員の健康増進」「労働時間の削減」「オフィス環境改善」等の働き方改革を推進していること、健康保険組合と連携して従業員の健康増進に取り組んでいることが、優良な健康経営を実践している企業として評価されました。

※健康経営優良法人制度とは
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。

(認定:2018年2月20日)


「富山県社会福祉協議会 平成29年度福祉用具・アイデアコンクール」にて入賞しました。

当社と富山大学、株式会社リッチェルからなる研究グループが開発したデジタルヘルス便座(通称「まめけ」 ※)が富山県社会福祉協議会の「平成29年度福祉用具・アイデアコンクール」製品開発部門にて入賞しました。
   ※「まめけ」は、富山の方言で「お元気ですか」という意味です。

本賞は「豊かな暮らしをつくりだし、生活を支援する福祉用具」をテーマに応募された福祉用具の中から優れた作品や製品に贈られるものです。「まめけ」は、介護支援や健康指標への活用を目的とした便器に後付けできる非接触の排泄測定機器です。 クラウドネットワークを設けることで排泄時刻や量を遠隔で管理でき、被介護者のトイレ立ち上がり時に起こる転倒防止への支援も目指し、研究開発を行っています。 (この取組みは、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の受託研究として実施されています。)

表彰式は11月18日(土)「第1回富山県福祉機器活用推進大会」にて行われました。また、応募作品「まめけ」は11月21日(火)から12月10日(日)まで、富山県総合福祉会館(サンシップとやま)にて展示されます。

(受賞:2017年11月18日)


2016年度人工知能学会「現場イノベーション賞」を受賞しました。

当社は、NECプラットフォームズとNECとともに、「耐騒音音声認識と音声合成ガイダンスを活用した現場作業支援ソリューション」で、2016年度人工知能学会「現場イノベーション賞」を受賞しました。

今回の受賞は、実生活とビジネスの現場における実問題を解決して人工知能技術の発展に大きく寄与したのみならず、先導的なイノベーションであり、その波及がグローバルに期待できると評価されたものです。

(受賞:2017年6月26日)


第2回HRテクノロジー大賞「労務・福利厚生部門優秀賞」を受賞しました。

日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータの優れた取り組みを表彰することで、人事分野の進化発展に寄与すべく創設された「HRテクノロジー大賞」にて、当社は「労務・福利厚生部門優秀賞」を受賞しました。

この度の受賞では、NECのAI分析技術「異種混合学習技術」を用い、過去5年分の従業員約5,000人の定期健康診断データから作成した検査値予測モデルにより、現在の生活習慣を継続した場合と、生活習慣を改善した場合の1~3年先の検査値の予測を可能にし、未来の保健指導対象群を効率的に抽出し早期指導を行うことで、生活習慣改善の取り組みを支援できることが評価されました。

(受賞:2017年8月18日)


第6回日本HRチャレンジ大賞「奨励賞」を受賞しました。

"人材領域の果敢なチャレンジが日本社会を元気にする"をキャッチフレーズに、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業に対し授与される「日本HRチャレンジ大賞」にて、当社は奨励賞を受賞しました。

この度の受賞では、「勤務シニアアドバイザー」制度の立ち上げと運用により、シニア層の豊富な経験を活かし、キャリア支援からメンタルヘルス不調予防、長時間労働者のフォローなど職場風土改善に総合的に貢献している点が評価されました。

(受賞:2017年6月8日)


女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の最高位を取得しました。

当社は、厚生労働大臣より「女性の就業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)に基づく認定(通称:「えるぼし」認定)を受けました。

本認定は、「女性活躍推進法」に基づき、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、一定の基準を満たした企業に対して、厚生労働大臣が認定するものです。評価項目は、(1)採用、(2)継続就業、(3)労働時間等の働き方、(4)管理職比率、(5)多様なキャリアコースがあり、当社は全ての項目で基準を満たし、「えるぼし」の最高位3段階目の認定を取得しました。

(認定:2017年6月26日)


第52回花いっぱいコンクール(一般の部)で奨励賞を受賞しました。

当社(北陸支社)は、NEC北陸ソフトウェアセンター東門付近の国道157号線沿いに230㎡にわたる花壇の整備を1990年より続けています。

この度、石川県健民運動推進本部 石川花の会から、「大規模花壇ならではの花々の集団美による道路沿いの景観美化」が評価され奨励賞をいただきました。

(受賞:2016年11月20日)


駐日アフガニスタン大使館から感謝状を頂きました。

当社は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)を通したアフガニスタンの子どもたちの教育活動支援に対して、駐日アフガニスタン大使館から感謝状を頂きました。
10年以上にわたる活動を通し現地教育の質・識字率向上に貢献したことが評価されました。

<支援内容>
・現地語シールを貼りつけた絵本の作成協力
・オリジナルの現地語絵本出版支援
・自爆テロで破損した学校図書館再建支援 等

(受賞:2016年11月17日)


第1回HRテクノロジー大賞「労務・福利厚生部門優秀賞」を受賞しました。

日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与すべく創設された「HRテクノロジー大賞」にて、当社で進めてきたメンタルヘルスケア関連の研究が「労務・福利厚生部門優秀賞」を受賞しました。

NEC独自のビッグデータ分析技術である異種混合学習を用いて勤怠データ等を機械学習し、「不調者の予兆検出」を行うシステムを開発。また、職場の状況に適した活動の立案、状況の見える化を支援する「職場環境改善プラットフォーム」を開発し、メンタルヘルス不調の予防に寄与する取り組みを行っている点が評価されたものです。

(受賞:2016年10月4日)


「キャリア支援企業に対する中央職業能力開発協会会長奨励」企業に選ばれました。

当社は、厚生労働省が実施する「キャリア支援企業表彰2015~人を育て・人が育つ企業表彰~」の審査実務を行う中央職業能力開発協会より、「キャリア支援企業に対する中央職業能力開発協会会長奨励」企業として選定され、表彰を受けました。

これは、当社が従業員のキャリア支援の重要性を深く認識し、積極的に取り組んだことが評価されたものです。

(受賞:2016年3月2日)


一般社団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会主催の「IAUDアウォード2015」において、銀賞とアウォードを受賞しました。

今回の受賞は、まちづくり、ものづくり、仕組みづくり等、持続可能な共生社会の実現に向けた革新的なユニヴァーサルデザイン活動や提案として、聴覚障がい者を支援する当社の取り組みが評価されたものです。

  ◆IAUDアウォード2015銀賞―コミュニケーションデザイン部門
     「遠隔要約筆記支援システム
  ◆IAUDアウォード―コミュニケーションデザイン部門
     「筆談アプリ

(受賞:2015年11月24日)


性別・年齢層自動推定システム「FieldAnalyst」が「JISA Awards 2015」を受賞しました。

一般社団法人情報サービス産業協会(以下、JISA)主催の「JISA Awards 2015」において、当社の性別・年齢層自動推定システム「FieldAnalyst」がWinnerを受賞しました。
本受賞は、独創性が高く、国際的に通用するシステムとして、「FieldAnalyst」の国内外における取り組みが評価されたものです。

(受賞:2015年5月14日)