健康経営

健康管理・安全衛生を推進

職場において発生する労働災害および健康障害を防止し、社員が心身ともに快適で働きやすい職場環境の形成を目指します。

各部門の労使代表による安全衛生委員、人財企画部、事業支援部、そしてNEC健康管理センターが連携し、安全衛生活動を推進しています。

さらには、社員参加型のイベントや各種セミナーを開催し、社員の健康に関する意識向上を図っています。

メンタルヘルスケアを推進

「心の健康支援プログラム」を導入し、長期に渡り職場を離れた社員が復帰して再び働けるよう支援する体制を整備しています。

このプログラムは、メンタルヘルス不調者とその職場に対してヘルスケア・サポートを行う目的で(1)メンタル面での不調発生段階、(2)医療的な措置・対応が取られている段階、(3)長期欠勤からの職場復帰の段階、に至るまでの一連の流れの中で、医療機関、本人、職場上司、産業医間の連携を取りながら、サポートを行うものです。

管理職に対しては、適宜メンタルヘルス研修を行い、メンタルヘルスの基礎知識だけでなく日常の対応方法などを周知し、管理力の役割意識を高めています。

また、厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づき、 社員が心の健康を損なうことなく、健康でいきいきと会社生活が送れるよう、下記の施策を行っています。

  • 社員自身が定期的にストレス状態をチェックできるツールを導入。
  • メンタルヘルスケアの重要性やストレスを乗り越える力を学ぶ集合教育の実施。
  • プライバシー保護に配慮した社外相談窓口を設置。