NECNECソリューションイノベータ

営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)、マーケティングオートメーションのSalesforce(セールスフォース)特設サイト

営業視点で考えるSales Cloudの導入効果

営業成果の最大化を目指す・SFA(営業支援システム)のメリット

営業視点で考えるSales Cloudの導入効果

Sales Cloudの導入により、顧客管理、案件管理、見込み客管理、
売上予測などの機能を活用することで、営業活動の効率化と
組織的な営業戦略を実現し、営業成果の最大化を支援します。

  1. トップ
  2. 特集・コラム
  3. 営業視点で考えるSales Cloudの導入効果

SFA(営業支援システム)について

SFA(営業支援システム)とは

SFA(営業支援システム)とは

SFAとは、Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の略であり、ITの活用により営業プロセスの革新を図る手法です。このトータル営業支援システムを利用し、営業はPCやモバイルからシステムにアクセスし、顧客情報や商談情報、日報などの営業活動に必要な情報を一元管理することができます。また、管理者は営業チーム全体の案件や、プロセス、進捗状況などを管理し、営業活動を効率化することができます。

企業が抱える営業活動の課題

企業が抱える営業活動の課題

自社で営業活動をおこない、受注に向けた取り組みをおこなう企業にとって、「営業活動の効率化」は重要な課題となります。また、案件の受注確度を上げるために「組織的な営業戦略」を立てることも重要な課題です。SFA(営業支援システム)の導入の最終目標は「営業成果の最大化」といえますが、この目標達成のためには前述した「営業活動の効率化」と「組織的な営業戦略」が必要となります。
SFA(営業支援システム)には、営業活動の登録機能や、ToDoリストによる案件や取引先の登録機能などが搭載されており、営業の行動履歴や顧客情報が集約され、「営業活動の効率化」と「組織的な営業戦略」の実現を支援します。

SFA(営業支援システム)の主な適用領域

SFA(営業支援システム)の主な適用領域

SFA(営業支援システム)の主な適用領域として、次のような機能が挙げられます。

顧客管理
取引先企業の基本情報、案件内容、取引先責任者をはじめ、お問い合わせ、クレーム、提出見積などのさまざまな情報を管理。
案件管理
案件の取引額、確度、進捗状況、フェーズ、競合相手やパートナー企業の情報などを管理。
見込み客管理
Webサイトからの問い合わせや、資料ダウンロードなど、商談の見込みがあるお客さまの情報を効率的に管理。
売上予測
担当別またはチーム全体の売上予測を管理。
その他
ToDoリストやスケジュールの管理、販売店/パートナーの管理。

SFA(営業支援システム)の導入効果

各営業の活動状況や営業プロセスを可視化

各営業の活動状況や営業プロセスを可視化

エクセルなどで管理された売上予測や、案件リストからは、各営業の活動状況や営業プロセスはわかりません。SFA(営業支援システム)を導入することにより、「いつ」「誰が」「どのような営業活動をしたか」とういう商談の記録や、確度別の売上予測の管理などが可能になります。営業プロセスを可視化することにより、案件でどのような問題が起きているかを把握することができ、組織で解決にあたることで、質の高い営業活動をおこなうことができます。

営業活動のボトルネックを発見し、サポートが可能に

営業活動のボトルネックを発見し、サポートが可能に

各営業が営業活動や案件状況をSFA(営業支援システム)に登録することで、上司やチームはリアルタイムに営業の活動状況を確認することができ、ボトルネックの改善のためのアドバイスやサポートをおこなうことができます。
また、優秀な営業と営業成績に伸び悩んでいる営業の活動状況を比較し、「営業成績に伸び悩んでいる営業はお客さまへの訪問回数が少ない」など、営業活動への取り組みの違いなどを、感覚に頼らずに登録された情報から客観的に指摘することができます。

営業活動に必要な情報に外出先からもアクセス

営業活動に必要な情報に外出先からもアクセス

SFA(営業支援システム)を導入することにより、営業はお客さまへの訪問の前に、外出先からでもノートPCやスマートフォンを利用して、顧客情報や案件情報に手軽にアクセスできます。また、一元管理された顧客情報から直接電話やメールをすることができるので、営業活動の効率化に役立ちます。

営業情報を資産として管理

営業情報を資産として管理

営業活動が登録された情報を全社で共有することができるのも、SFA(営業支援システム)の導入メリットのひとつです。担当営業の変更や離職で顧客との接点が失われてしまったり、案件情報が把握できないなどの損失を防ぐことができます。
SFA(営業支援システム)の導入により、「何を(製品」、「誰が(企業名・顧客名)」、「誰から(担当営業)」、「いつ(契約時期)」、「いくら(金額)」、「いつまでに(納期)」、「どの段階か(フェーズ)」、「どの確度か(受注確度)」などをすみやかに把握することができます。

営業視点で考えるSales Cloudの導入効果

Sales cloudについて

Sales cloudについて

Sales Cloudは、顧客情報や案件情報を一元管理し、チームやプロジェクト、会社全体で情報を共有することができるため、営業プロセスの可視化や部門間、販売パートナーとの情報共有や連携を強化することができます。SFA(営業支援システム)として必要なさまざま機能を搭載し、「営業活動の効率化」と「組織的な営業戦略」を実現し、企業の「営業成果の最大化」を支援します。

Sales Cloudでビジネスを拡大

Sales Cloudでビジネスを拡大

SalesforceのSales Cloudは、営業関連業務における商談成約率や営業の生産性といった主要指標の向上に貢献。これらすべての指標は最重要指標である売上の拡大に寄与し、37%増という成果につながっています。

Sales Cloudを利用しているお客さまによる報告値の平均
出典:2015年3月~5月、第三者機関Confirmit社が、セールスフォース・ドットコムの顧客企業4,600社超(無作為抽出)を対象に実施したカスタマーリレーションシップに関する調査より。回答数は質問によって異なる。

顧客の360°ビューを実現

顧客の360°ビューを実現

Sales Cloudでは、顧客情報や案件情報を一元管理し、顧客ごとに商談内容、取引先責任者の社内での力関係、参加いただいたセミナー、お問い合わせやクレーム内容、提出した提案書や見積もり、メモなど、取引先に関するさまざまな情報をまとめて管理することができます。これにより、一人ひとりのお客さまを総合的・一元的に把握し、顧客エンゲージメントの獲得を支援します。

顧客情報、案件、営業活動の可視化

顧客情報、案件、営業活動の可視化

Sales Cloudでは、案件の進捗や対応状況、顧客ごとのアプローチ施策の内容や進捗などを可視化できるので、効率的かつ効果的な営業活動ができるだけでなく、営業活動全体の質の向上を図ることができます。
また、ダッシュボードでは、会社全体、営業、サポート、マーケティングなどそれぞれの立場から必要な情報をグラフやチャートで可視化でき、経営上の重要な意思決定をおこなうために活用することができます。

商談の可視化

案件の進捗や実績を確認したり、注力案件の漏れや停滞をチェックしたり、競合分析などを可視化できます。

  • 進捗系 案件レポート

    進捗系 案件レポート

    誰がいくらで、いつ、
    何を受注するのか(進捗)

  • チェック系 案件レポート

    チェック系 案件レポート

    注力案件を抽出し、
    更新漏れ、停滞をチェック

  • 戦略分析レポート

    戦略分析レポート

    競合はどこで、勝率は?
    売れ筋、人気商品の把握

  • 実績系 案件レポート

    実績系 案件レポート

    売上実績を把握し、
    売上予測体制の確立

活動の可視化

顧客に対するアプローチや、いつ・誰に・何をして・どのような結果だったか、活動漏れはないか、
今後の活動予定はどうなっているか、などを可視化することができ、スマートな意志決定を支援します。

  • 顧客情報共有

    顧客情報共有

    過去の活動履歴を共有

  • 進捗系 日報レポート

    進捗系 日報レポート

    いつ、誰に、何をして、どうだったのか

    スケジュール共有

    スケジュール共有

    活動予定、履歴を共有

  • 実績系 活動レポート

    実績系 活動レポート

    活動実績を把握し、適切な指示ができる

    チェック系 活動レポート

    チェック系 活動レポート

    活動漏れを把握し、適切な活動ができる

  • 顧客リストアップ機能

    顧客リストアップ機能

    戦略に合わせた顧客リストがすぐに作れる

コミュニケーション/コラボレーション

コミュニケーション/コラボレーション

Sales Cloudでは、ファイル、コンテンツ、顧客情報をすべて一か所で管理するため、チームやプロジェクトでファイルを共有すれば、円滑かつスピーディに情報の共有をおこなうことができます。また、調査資料や提案書を資産として管理できるため、必要に応じて他の営業が閲覧したり流用することができます。また、会議資料なども事前に共有しておけば、会議において活発な意見交換がおこなえます。

営業成果の最大化を支援する
Sales Cloudの機能紹介

Sales Cloudは、ITの活用により営業プロセスの革新を図るさまざまな機能を搭載し、
「営業活動の効率化」と「組織的な営業戦略」を実現し、「営業成果の最大化」を支援します。

Salesforceは、顧客接点改革や営業セールス、カスタマーサービス、
マーケティングの改革を支援するシステムです。
Salesforceの導入コンサル、導入支援、カスタマイズのご相談がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。