NECNECソリューションイノベータ

営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)、マーケティングオートメーションのSalesforce(セールスフォース)特設サイト

Salesforceの活用シーン

Sales Cloud

Salesforceはさまざまな場面でお客さまの課題を解決。
Salesforceの活用でどのような課題が解決できるか具体的な例をいくつかご紹介します。

Sales Cloudの活用シーン

Sales Cloudは、クラウド型の営業支援アプリケーションです。「売上予測の精度を向上」、「営業会議用の資料作成を効率化」、「顧客情報を組織の財産として共有」、「営業部門の案件を一元管理」、「見込み客を顧客に育成」など、さまざなシーンで活用いただけます。営業活動を支援し、新規顧客の発掘、案件の早期受注、取引顧客の増大に貢献します。

売上予測の精度を向上したい

  • 営業担当者が個別に商談を管理しているため、経営陣が進捗状況を把握できず、売上予測の精度が低いので改善したい。

  • Sales Cloudで売上予測の精度を向上。

    Sales Cloudなら商談の進捗状況や売上見込みをダッシュボードで即時把握可能になり、売上予測の精度が向上します。担当別またはチーム全体の売上予測をリアルタイムに確認できます。

営業会議用の資料の作成を効率化したい

  • 営業会議のためのデータ集計や資料作成に時間を費やしており、営業活動や部下のマネジメント、人材育成のための時間の確保ができていない。

  • Sales Cloudなら、手間がかかっていたレポート作成を容易に。

    希望のフィールドやフィルタ、グルーピング、図表にデータをドラッグ&ドロップするだけで、リアルタイムのレポートを即座に作成できます。必要なデータの細かな内訳を瞬時に表示することも可能です。

顧客情報を組織の財産として共有化したい

  • 情報を共有する文化が社内になく、営業担当者の活動が周囲から見えない。また、担当営業の引継ぎによって顧客との間に齟齬が生じている。

  • Sales Cloudで顧客に関する情報をまとめて管理・共有。

    取引先企業の基本情報から、商談内容、取引先責任者の趣味や社内での力関係、参加いただいたセミナー、お問い合わせやクレーム内容、提出した提案書や見積もり、メモなど、取引先に関するさまざまな情報をまとめて管理することができます。

営業部門の案件を一元管理したい

  • 顧客情報の管理、提出した見積、案件の詳細情報がバラバラに管理されおり、リストの作成に多くの時間と労力を要している。また、成約に至らなかった案件はそのまま放置されている。

  • Sales Cloudで売上予測の精度を向上。

    Sales Cloudは案件の取引額、確度、進捗状況、フェーズ、競合相手やパートナー企業の情報などを一元管理できます。案件の更新情報を自動的に受け取ることもできるので、営業活動に動きがあった場合に即座に状況を把握して、成約のための手段を講じることができます。また、過去に失注した案件も、受注した案件と失注した案件の違いを判断するデータとして活用します。

見込み客を顧客に育成したい

  • 見込み客は多いが、優先順位が判断できず、担当営業が見込み客を訪問してもタイミングが悪く、ほとんどの場合が成約まで至っていない。

  • Sales CloudとPardotを連携し、見込み客を顧客に育成。

    Sales CloudとPardotを連携することで、見込み客のWebサイトの閲覧状況や、メールの開封率などの情報を正確にトラッキングすることができます。見込み客を自動的に評価し、評価に応じて自動的に担当部署に回す仕組みを確立することで、見込み客の関心が薄れる前に、適切なタイミングで営業活動をおこなうことができます。

営業に外出先から業務を処理させたい

  • 営業が外出時には社内のシステムにアクセスでないため、案件の報告や日報の作成をするために会社に戻ってくる必要があり、思うように客先をまわれていない。

  • モバイルを活用して日常業務を強力に推進。

    Sales Cloudなら、モバイルを活用して外出先から最新の顧客情報や案件情報の閲覧が可能です。商談への活用や、商談報告の登録に利用いただけます。

Salesforceは、顧客接点改革や営業セールス、カスタマーサービス、
マーケティングの改革を支援するシステムです。
Salesforceの導入コンサル、導入支援、カスタマイズのご相談がありましたら、
お気軽にお問い合わせください。